About us慈恵会について

私の福祉への思い

 私は脳神経外科医として数多くの手術に携わってきましたが、その中でリハビリテーションの必要性を痛感してきました。術後、障害が残った患者さまへ適切な対応ができるよう、昭和58年にリハビリテーションセンターを設立し、患者様の社会復帰に努めてきました。しかし、その取り組みにおいて、厳しい現実に直面しました。リハビリテーションである程度身体的に回復した患者さまに退院していただくにあたり、患者さまと家族をまえにして「そろそろ家に帰れますよ」とお話をしたところ患者さまは涙をポロポロ流し始めたのです。はじめは、嬉し涙と思っていましたが、後から家族の方から「家に帰さないでください。」と頼まれました。その時初めて私は患者さまの涙が「家に帰れば家族に迷惑をかける。助からなければよかった。」という悲しく、辛い涙である事を理解したのです。
 そのような場面に何度も遭遇するうちに、障害のある方でも楽しく生活できる地域・社会を作らなければならないと痛感し、思い浮かんだのがアメリカのナーシングホームでした。「それなら日本には特別養護老人ホームがある」と数多くの特養を見学しましたが、その当時の特養といえばアメリカのナーシングホームとはほど遠いものでした。そこで私は自分の理想とするナーシングホーム的な特別養護老人ホームを創りたいと決意し、その一歩として昭和62年に社会福祉法人慈恵会を設立し、翌年特別養護老人ホーム「さわやかナーシングビラ」を開設したのです。
 このように、地域社会がどうあるべきかを常に考え、無心で社会福祉事業の展開に取り組んできた結果、現在では数多くの施設・在宅サービスを提供できるようになりました。私達、社会福祉法人慈恵会はこれからも地域の皆様に望まれるサービスを考え、先進的な事業に取り組むべく一心に努力してまいります。

社会福祉法人慈恵会 理事長 山田實紘

PAGE TOP